閉じる
  • 2024.05.31
  • 公開日:2024.05.27

老後にシェアハウスが人気な意外な理由とは?手順やメリットを解説!

老後にシェアハウスに住む人が増えていることはご存知でしょうか?孤独感の解消や生活費を抑えられたりとメリットが多くあります。そこで今回は、老後にシェアハウスに住む人が増えている理由や入るための手順などを徹底解説します。

老後にシェアハウスに住む人が増えている理由とは

「見晴らしの良いワンルームの部屋」の写真

老後にシェアハウスに住む人が増えている背景には、高齢者が直面する様々な課題への対応があります。一人暮らしの高齢者が増える中で、孤独感や日常生活の支援が必要とされるケースが多くなっています。シェアハウスは、住居を共有することで、互いに助け合い、社交的な生活を送ることが可能です。

また、経済的な負担も軽減されるため、安定した生活を維持しやすくなります。これらの理由から、老後の生活スタイルとしてシェアハウスが選ばれることが増えているのです。

高齢者向けのシェアハウスとは

高齢者向けのシェアハウスとは、特に65歳以上の高齢者を対象とした共同住宅のことを指します。これらのシェアハウスは、個々のプライベートな部屋と共有のリビングルームやキッチンを備えており、住人同士が日常生活を共にしながら支え合う環境が整っています。

また、管理者やスタッフが常駐しており、日々の生活支援や緊急時の対応も行うため、安心して生活することが可能です。このようなシェアハウスは、高齢者一人ひとりの自立を支援しつつ、共同生活を通じて新たな人間関係を築く場としても機能します。

高齢者向けのシェアハウスが注目される理由

高齢者向けのシェアハウスが注目される理由は、その社会的な利点と個々の生活の質の向上にあります。まず、高齢者の社会的孤立を防ぐ効果が挙げられます。共同生活をすることで、同世代の住人との交流が日常的に行われ、孤独感を感じることが少なくなります。

また、共有スペースでの活動やイベントが定期的に行われることで、新たな友人を作る機会も増え、精神的な健康を保つ助けとなります。次に、経済的なメリットも大きいです。複数の住人で生活費を分担するため、一人暮らしに比べて住居費や光熱費が大幅に削減できる点は、特に年金生活に入る高齢者にとって大きな魅力です。

さらに、シェアハウスでは管理人やスタッフが常駐しているため、日常生活のサポートや緊急時の対応が迅速に行われることも、安心して生活できる理由の一つです。これらの理由から、高齢者向けのシェアハウスは多くの高齢者にとって魅力的な住居選択肢となっています。

老後にシェアハウスに入居するメリット

「柔らかな光が入るワンルーム」の写真

老後にシェアハウスに入居することには多くのメリットがあります。まず、孤独感の解消が大きな利点です。シェアハウスでは、同年代の住人との日常的な交流が可能で、一人暮らしの寂しさを感じることが少なくなります。

また、何か容態の異変があった際には、共に住む仲間がすぐに気付いてくれるため、緊急時の対応が速やかに行える安心感があります。さらに、生活費の負担が減ることも重要なメリットです。家賃や光熱費を他の住人と分け合うことで、経済的な負担が大幅に軽減され、より多くの資金を趣味や旅行など、自分の楽しみに使うことができます。

これらのメリットから、老後の生活をより豊かで安心したものにするために、シェアハウスを選ぶ高齢者が増えているのです。

孤独感の解消

孤独感の解消は、老後にシェアハウスを選ぶ最も大きな理由の一つです。高齢になると、配偶者を亡くしたり、子どもが独立して家を出たりすることが多く、一人暮らしの孤独感は深刻な問題となります。

しかし、シェアハウスでは他の住人との共有生活が孤独を感じさせない環境を提供します。共有のリビングやキッチンでの会話は日常的なコミュニケーションを促し、共に食事をしたり、テレビを見たりすることで、家族のような温かみを感じることができます。

また、趣味や興味を共有することで新たな友情を築くことも可能です。このように、シェアハウスはただの住まい以上の価値を提供し、高齢者の心の健康を支える重要な役割を果たしています。

容態の異変がある時助けてもらえる

容態の異変がある時助けてもらえるのも、老後にシェアハウスを選ぶ大きなメリットの一つです。高齢者は体調を崩しやすく、急な病気やケガが発生するリスクがあります。一人暮らしでは、そうした状況に対応するのが難しいことも多いですが、シェアハウスでは他の住人や管理人がすぐに気付いて対応してくれるため、安心して生活を送ることができます。

また、日常的な健康管理や緊急時の対応プランが整っている場合も多く、高齢者にとって安全な環境が提供されます。このように、シェアハウスは高齢者の健康と安全を守るためのサポート体制が整っていることが多いため、安心して暮らすことが可能です。

生活費の負担が減る

生活費の負担が減るのも、老後にシェアハウスを選ぶ重要なメリットです。一般的な一人暮らしでは、家賃や光熱費、食費などすべての費用を一人で負担しなければなりませんが、シェアハウスではこれらのコストを他の住人と分け合うことができます。特に家賃と光熱費の削減は大きく、経済的な余裕が生まれます。

また、共有の食材を購入したり、大量に調理して分け合うことで食費も抑えることが可能です。これにより、限られた退職後の収入でもより豊かな生活を送ることができるようになります。

老後にシェアハウスに入る時の手順

「自然光が差し込む清潔感のあるワンルーム」の写真

老後にシェアハウスに入る時の手順は、計画的に進めることが重要です。まず、インターネットや不動産情報誌などを利用して、希望する地域のシェアハウス物件を探しましょう。

次に、気になる物件が見つかったら、実際にその場所を訪れて内見を行います。この時、共有スペースの広さや清潔感、個室のプライバシーの確保状況などを確認することが大切です。内見後、条件に合うと判断したら契約の手続きに進みます。契約内容をしっかりと確認し、初期費用を支払うことで入居が決定します。

最後に、必要な荷物を梱包し、新しい住まいへと引っ越します。これらのステップを踏むことで、スムーズにシェアハウス生活を始めることができます。

物件をネットなどで探す

物件をネットなどで探す際には、特定のウェブサイトやアプリを活用することが一般的です。老後のシェアハウス専門のサイトでは、高齢者向けの機能やサービスが充実している物件が多く、検索条件を細かく設定できるため、自分のニーズに合った物件を効率的に見つけることが可能です。

また、地域や価格、設備の詳細など、具体的な情報を比較検討できる点も大きなメリットです。物件探しの初期段階で、インターネットの情報を最大限に活用し、多くの選択肢の中から最適なシェアハウスを見つけ出しましょう。

内見をする

物件を選んだ後は、実際にその場所を訪れて内見をすることが重要です。内見では、実際の住環境や共有スペースの広さ、設備の使い勝手などを自分の目で確認できます。

また、実際に住んでいる人たちの雰囲気や、管理人の対応も見ることができるため、自分が快適に過ごせるかどうかの判断材料になります。内見を通じて、写真や情報だけでは分からないリアルな住環境を体感し、納得のいく選択をすることが大切です。

契約の手続きを行う

内見を終えて、シェアハウスに入居することを決めたら、次は契約の手続きを進めます。この段階では、契約内容をしっかりと理解し、納得した上で進めることが重要です。契約書には、家賃の支払い条件、共有スペースの利用規約、退去時のルールなど、入居に関わる詳細な条項が記載されています。

不明点があれば、この時に管理者や不動産会社に質問をして解消しましょう。また、高齢者向けのシェアハウス特有のサービス内容、例えば日常のサポートや緊急時の対応についても確認が必要です。契約書にサインする前には、必ず内容を確認し、理解した上で同意することが大切です。

契約し初期費用を支払う

契約書にサインをした後、次に進むステップは初期費用の支払いです。初期費用には、通常、敷金や礼金、そして最初の月の家賃が含まれます。敷金は将来的な修繕費用や退去時の清掃費用に充てられるため、退去時に条件を満たしていれば返金されることが多いです。礼金は、物件を借りる際にオーナーへの感謝の意を示すために支払われる費用で、これは返金されません。

また、シェアハウスによっては、共用部分の清掃費や管理費が初期費用として要求されることもあります。これらの費用の詳細は、契約書で確認し、不明点があれば事前に問い合わせておくことが大切です。初期費用の支払いを終えると、いよいよ入居の準備に移ることができます。

引っ越す

初期費用の支払いが完了したら、いよいよ引っ越しの段取りを進めます。引っ越し日を決め、必要ならば引っ越し業者に依頼することが重要です。荷物の量や移動距離によっては、自分で運ぶことも可能ですが、高齢者の場合は体への負担を考慮してプロのサービスを利用することをお勧めします。

また、シェアハウスによっては、入居前に住居の状態を確認するための事前訪問が許可されている場合があります。この機会に、持参する家具や日用品のサイズを再確認し、新しい生活空間に合わせた準備を行うとスムーズです。引っ越し当日は、早めに手続きを済ませ、新しい住まいでの生活を心地よくスタートさせましょう。

老後にシェアハウスに入る時の注意点

「医療機器が置かれた見晴らしのいい病室」の写真

老後にシェアハウスに入る際には、いくつかの注意点があります。まず、入居者の年齢層が自分と合わない場合、生活リズムや価値観の違いがストレスになることがあります。シェアハウスでは多様な年齢層の人々が共に生活するため、事前にそのコミュニティの年齢構成を確認することが大切です。

次に、設備の使い勝手も重要なポイントです。特に高齢者にとっては、浴室やキッチンなどの日常生活で頻繁に使用する場所の安全性や使いやすさが保障されているかをチェックする必要があります。

最後に、プライベートな空間が限られることも覚悟しておくべきです。シェアハウスは個々のプライバシーが制限される場合が多く、共有スペースが多いため、自分だけの時間や空間を確保することが難しいかもしれません。これらの点を事前に理解し、自分にとって快適なシェアハウス生活を送るための準備をしておくことが重要です。

入居者の年齢が合わない

入居者の年齢が合わない場合、日常生活でのコミュニケーションや活動の選択に影響を及ぼすことがあります。例えば、若い世代の入居者が多いシェアハウスでは、夜遅くまでの交流やアクティブなイベントが好まれることが多く、早寝早起きを好む高齢者にとっては生活リズムが合わず、ストレスを感じる可能性があります。

逆に、高齢者が多いシェアハウスでは、静かで落ち着いた環境が保たれることが多いですが、若者にとっては物足りなさを感じることも。シェアハウスを選ぶ際は、自分と同じまたは似た年齢層の人が多い環境を選ぶことが、快適に過ごすための一つの鍵となります。

設備が使いずらい

設備が使えない場合、日常生活における不便さが増します。特に高齢者にとっては、使い慣れた家具やキッチン設備がないことが大きな問題となることがあります。例えば、高い場所にある棚や、複雑な操作が必要な最新の家電製品は、使い勝手が悪く感じることが多いです。

また、バリアフリー設計が不十分なシェアハウスでは、移動の際に不便を感じることがあり、これが日々のストレスにつながることも。シェアハウスを選ぶ際は、自分の身体的なニーズに合った設備が整っているか、実際に内見時に確認することが重要です。

プライベートな空間が少なくなる

プライベートな空間が少なくなる問題は、シェアハウス生活において重要な検討点です。多くの人と共有する生活空間では、自分だけの時間や空間が制限されることがあります。例えば、リビングやキッチンは他の入居者と共有するため、いつでも自由に使えるわけではありません。

また、個室が提供されても、壁が薄い場合は隣の部屋の音が聞こえやすく、プライバシーが保ちにくいことも。このような環境は、プライベートを重視する人にとってはストレスの原因になることがあります。シェアハウスを選ぶ際は、個室の防音性や、共有スペースの利用ルールを事前に確認することが大切です。

入居する際のあると便利な持ち物

「インテリア雑貨」の写真

老後のシェアハウス生活を快適にするために、持参すると便利なアイテムがいくつかあります。まず、個人の衣服やタオルは必需品です。シェアハウスでは、洗濯機を共有することが多いため、自分専用のタオルやリネン類を持っていると安心です。

次に、食事の際に使う食器類も個人で用意すると良いでしょう。自分の好みに合った食器を使うことで、日々の食事がより楽しいものになります。また、暇つぶしになるもの、例えば読書用の本や趣味の道具なども持って行くと、自分の時間を充実させることができます。これらのアイテムを事前に準備しておくことで、シェアハウスでの生活がより快適になります。

衣服やタオル

老後のシェアハウス生活では、個人の衣服やタオルが非常に重要です。これらは日常生活で頻繁に使用するものであり、自分専用のものを持つことで衛生的かつ快適に過ごすことができます。特にタオルは、顔や手を拭くための小さなものから、バスタオルまで各種揃えることが望ましいです。

また、季節に応じて衣服を選ぶことも大切で、夏は涼しい素材のもの、冬は暖かい素材のものを準備すると良いでしょう。これにより、年間を通じて快適な生活が送れます。

自分に合う食器類

自分に合う食器類を持参することも、シェアハウスでの生活を快適にする一つの方法です。特に老後のシェアハウスでは、他の入居者との共有部分で食事をすることが多いため、自分の好みや使いやすさに合った食器を持っていると、食事の時間がより楽しいものになります。

例えば、持ち手が大きいカップや、滑りにくい素材のお皿など、使い勝手を考慮した食器選びが重要です。また、自分の好きなデザインや色の食器を使うことで、毎日の食事が特別な時間となり、生活に彩りを加えることができます。

暇つぶしができるもの

暇つぶしができるものとして、老後のシェアハウス生活においては、読書や手芸、パズルなどの趣味の物を持参することが推奨されます。特に長時間を自室で過ごすことが多いため、自分の好きな本や編み物セット、さらにはジグソーパズルなどがあると、時間を有意義に過ごすことができます。

また、デジタルデバイスを活用して、オンラインでのコミュニケーションやゲーム、映画鑑賞なども楽しむことができます。これらのアイテムは、シェアハウスでの生活を豊かにし、孤独感を軽減する助けとなるでしょう。

まとめ

「窓際のグレーのソファー」の写真

老後にシェアハウスに住む選択肢は、多くの高齢者にとって魅力的な解決策となっています。この記事で解説したように、孤独感の解消、助け合いの文化、そして経済的な負担の軽減が主なメリットです。

また、入居する際の手順や注意点を理解し、適切な準備を行うことで、スムーズにシェアハウス生活を始めることができます。持ち物にも注意を払い、自分の生活スタイルに合ったアイテムを選ぶことが重要です。老後の生活を豊かで快適なものにするために、シェアハウスという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

シェアハウスの審査は厳しい?審査基準や落ちる人の特徴を詳しく解説

シェアハウスについて考えている方の中には、「シェアハウスの入居審査ってなに?」「審査で落とされないかな」という悩みを持つ方も多いのではないでしょうか...

シェアハウスの住民票事情を徹底解説!移さなくてもいいケースや手順を紹介

シェアハウスの引越し事情で気になることのひとつに「住民票ってどうすればいいの?」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか? 世帯主は誰になるのか、住...

シェアハウスのルールは入居前に確認するべき!よくあるルールをご紹介!

シェアハウスでは住人たちが快適に暮らせるようにさまざまなルールが定められています。あまり厳しいルールは嫌だなと感じる方もいるのではないでしょうか。 ...

シェアハウスでの生活を快適にしてくれる便利グッズをご紹介!

初めての引っ越し、初めてのシェアハウス。「何を持っていこう?」と頭を悩ませる人も多いかもしれません。 また、シェアハウスに住んでいると「こういうのあ...

歴史と現代が融合されたおしゃれな古民家シェアハウス −仲な家−

近年深刻化している空き家を活用した、古民家再生が注目されています。古民家と聞くと、古くて汚いイメージを持つ方も多いかもしれませんが、リノベーションを...

ui

おすすめ記事