閉じる
  • 2024.06.17
  • 公開日:2024.05.21

夫婦でシェアハウスに住む理由とは?生活費を抑えたい方必見!

夫婦でシェアハウスに住む人が増えていることをご存知でしょうか?経済的な負担が減ったり、子育て支援が充実していたりと得られるメリットが多くあります。そこで今回は、夫婦でシェアハウスに住む時のメリット・デメリットを解説します。

夫婦がシェアハウスを選ぶ理由とは

「陽の差すベッドルーム」の写真

夫婦がシェアハウスを選ぶ理由として、まず経済的な負担の軽減が挙げられます。共有スペースの利用により、家賃や光熱費が分割されるため、一般的な賃貸住宅に比べて低コストで生活することが可能です。

また、子育て支援が充実している点も魅力の一つです。シェアハウス内での共同育児や、経験豊富な住人からのアドバイスが得られることで、育児の負担が軽減されます。

さらに、周囲の人々とのコミュニケーションが活発になるため、日常の悩みを共有しやすく、精神的なサポートを受けやすい環境が整っています。設備面でも、共用の洗濯機やキッチン、広いリビングスペースなど、充実した設備を利用できるため、生活の質を向上させることができます。

最後に、家事の分担が可能であることも、夫婦にとって大きなメリットです。日々の家事を共同で行うことで、お互いの負担を減らすことができるのです。

経済的な負担が減る

経済的な負担が減ることは、夫婦がシェアハウスを選ぶ大きな理由の一つです。シェアハウスでは、家賃や光熱費、インターネット料金などの生活費が共同で支払われるため、一人あたりの負担が大幅に軽減されます。

特に都市部では家賃が高騰しているため、このような住居形態を選ぶことで、経済的な余裕を持つことが可能になります。また、共有スペースの利用により、個別に購入する家具や家電の必要が少なくなるため、初期投資を抑えることもできます。このように、シェアハウスは経済的な面で非常に効率的な選択肢と言えるでしょう。

参考:お金がない専業主婦の特徴14選【脱ストレス】ガチで逆転する方法!|ソロ活@自由人BLOG

子育て支援が充実している

子育て支援が充実していることも、夫婦がシェアハウスを選ぶ重要な理由の一つです。多くのシェアハウスでは、子どもを持つ家族をサポートするための施設やプログラムが整っています。例えば、共有スペースに子どもの遊び場が設けられていたり、住人同士で子育ての情報交換が行われたりします。

また、シェアハウス内でベビーシッターサービスを提供している場合もあり、親が仕事で忙しい時に大きな助けとなります。これらの支援は、特に育児と仕事を両立させなければならない親にとって、心強い存在です。さらに、同じ境遇の家庭が多いため、共感を得やすく、精神的なサポートも受けやすい環境が整っています。

周囲の人に悩みを聞いてもらえる

周囲の人に悩みを聞いてもらえることも、夫婦がシェアハウスを選ぶ大きなメリットの一つです。シェアハウスでは、さまざまな背景を持つ住人が共に生活しているため、日々の悩みや困りごとを気軽に相談できる環境があります。例えば、育児の悩みや仕事のストレス、人間関係の問題など、共有のリビングやキッチンで話すことで、意外なアドバイスや解決策を得ることができます。

また、共同生活を送る中で自然と築かれる信頼関係は、心理的な安心感にもつながります。他の住人とのコミュニケーションを通じて、新たな視点を得たり、共感を得たりすることで、問題が小さく感じられることも少なくありません。

設備が充実している

設備が充実していることも、夫婦でシェアハウスを選ぶ際の大きな魅力の一つです。多くのシェアハウスでは、モダンなキッチン、広々としたリビングエリア、洗濯機や乾燥機などの家電が完備されており、日常生活に必要なものがすべて揃っています。

また、一部のシェアハウスではジムや映画鑑賞室、作業スペースなど、特別な設備も利用可能です。これらの設備を利用することで、夫婦だけでなく家族全員が快適に生活を送ることができ、生活の質を向上させることが可能です。

さらに、これらの設備を共有することで、個々で全てを揃えるよりもコストを抑えることができるため、経済的にも大きなメリットがあります。

家事を分担できる

家事を分担できることは、夫婦でシェアハウスに住む大きなメリットの一つです。シェアハウスでは、住人同士で掃除や料理などの家事を分担することが一般的です。これにより、一人ひとりの家事負担が軽減され、より多くの自由時間を確保することが可能になります。

また、家事を通じて他の住人と協力することで、コミュニティ内での絆も深まり、より居心地の良い生活空間を作り出すことができます。このように、家事を分担することは、生活の質を向上させるだけでなく、社交的な交流を促進する効果も期待できるのです。

夫婦でシェアハウスに住むデメリット

「インテリアと観葉植物のワンルーム」の写真

夫婦でシェアハウスに住むデメリットとして、まず挙げられるのがプライベートな空間の不足です。共有スペースが多いシェアハウスでは、自分たちだけの時間や空間が限られてしまうため、互いのプライバシーを保ちにくくなります。

また、シェアハウスには住人同士のルールが設けられており、そのルールに従うことが求められます。これにより、自由に生活を楽しむことが制限される場合もあります。さらに、共同生活を送る中で、他の住人との意見の食い違いやトラブルが発生することもあります。

これらの問題は、夫婦間のストレスにもつながりかねません。夫婦でシェアハウスに住む際には、これらのデメリットを十分に理解し、対策を講じることが重要です。

プライベートな空間が少ない

プライベートな空間が少ないというデメリットは、特に夫婦にとって大きな課題となります。シェアハウスでは、個々の部屋が提供されることはあっても、そのスペースは一般的なアパートや一戸建てに比べて狭いことが多いです。

また、リビングやキッチンなどの共有スペースでは、常に他の住人と顔を合わせることになり、完全なプライバシーを確保することが難しいです。夫婦だけの時間を大切にしたい場合、この点は大きな障壁となるかもしれません。

そのため、シェアハウスを選ぶ際には、プライベートな空間の確保について事前にしっかりと確認し、自分たちのライフスタイルに合った環境選びが求められます。

ルールが決まっていて自由度が低い

ルールが決まっていて自由度が低いという点も、シェアハウスでの生活における大きなデメリットの一つです。シェアハウスでは、共同生活を円滑に進めるために、住人全員が守るべきルールが設けられています。これらのルールは、一見すると些細なものかもしれませんが、個人の自由を制限することにもなり得ます。

特に、自宅で大きなパーティーを開くことが好きな夫婦や、夜遅くまで映画を楽しみたいと考えている人にとっては、大きな制約と感じられるかもしれません。シェアハウスを選ぶ際には、これらのルールが自分たちのライフスタイルに合っているかどうかを慎重に考える必要があります。

共同生活者間のトラブルに巻き込まれる

共同生活者間のトラブルに巻き込まれることも、シェアハウスでの生活におけるデメリットの一つです。多様な背景を持つ住人が一つ屋根の下で生活するため、価値観の違いや生活習慣の差が原因で衝突が起こることがあります。例えば、清掃の責任分担や共有スペースの使用方法について意見が分かれることがあり、これが小さな摩擦から大きな争いに発展することも少なくありません。

また、キッチンの使い方や冷蔵庫の共有に関するトラブルも頻繁に見られます。これらの問題を未然に防ぐためには、入居前にしっかりとルールを確認し、定期的なミーティングで住人同士のコミュニケーションを図ることが重要です。

夫婦でシェアハウスを住む時の選ぶ条件

夫婦でシェアハウスに住む際には、選ぶ条件が非常に重要です。まず、同居者の雰囲気が和やかであるかどうかを確認することが大切です。共同生活を送る上で、住人同士の相性は日々の生活の質に直結します。

また、プライベート空間の有無も重要なポイントです。夫婦での生活では、二人だけの時間を大切にしたい場面も多々ありますので、個室がしっかりと確保されているか、またはプライベートを保てる工夫がされているかをチェックする必要があります。

これらの条件を事前にしっかりとリストアップし、実際にシェアハウスを訪れて確認することが、後悔しない選択をするための鍵となります。

同居者の雰囲気

同居者の雰囲気は、シェアハウスでの快適な生活を左右する重要な要素です。特に夫婦での共同生活では、他の住人とのコミュニケーションがスムーズに行えるかがカギとなります。住人たちがお互いに尊重し合い、支え合うことができる環境が理想的です。

また、定期的に開かれるミーティングで生活ルールの確認や、問題があれば話し合いを行うことで、住み心地の良いコミュニティを維持することが可能です。このような積極的なコミュニケーションが保たれているシェアハウスは、夫婦にとっても安心して暮らせる場所となるでしょう。

プライベート空間の有無

プライベート空間の有無は、シェアハウスを選ぶ際に特に夫婦にとって重要な検討事項です。多くのシェアハウスでは、共有スペースが広く設けられている一方で、個々のプライベートな空間は限られています。そのため、夫婦での生活を考える際には、十分なプライバシーを確保できるかどうかを確認することが必須です。例えば、個室には鍵がついているか、壁の防音は十分か、といった点が挙げられます。

また、夫婦だけの時間を大切にするためにも、共有スペースとは別に小さなリビングスペースが確保されている場所を選ぶと良いでしょう。プライベート空間がしっかりと確保されているシェアハウスを選ぶことで、他の住人との交流も楽しみながら、夫婦二人の時間も大切にするバランスを取ることが可能です。

夫婦でシェアハウス住むときのエリアの選び方

「自然光が差し込む清潔感のあるワンルーム」の写真

夫婦でシェアハウスに住む際には、エリア選びが非常に重要です。特に子育てを考えている場合、子育て支援施設が充実している地域を選ぶことが望ましいでしょう。例えば、公園が近くに多く、保育園や学校が充実しているエリアは、子どもの成長にも良い環境を提供できます。

また、通勤や買い物の便も考慮して、交通アクセスが良い地域を選ぶことも大切です。電車やバスの駅が近くにあることで、日常生活が格段に便利になります。さらに、ファミリー向けのレクリエーション施設やショッピングセンターが整っている地域も、週末の家族サービスには最適です。

これらの点を踏まえ、夫婦でのシェアハウス生活をより豊かで快適なものにするために、エリア選びにはじっくりと時間をかけて検討することをお勧めします。

子育て環境が整った地域

子育て環境が整った地域を選ぶことは、夫婦でシェアハウスに住む際に重要なポイントです。特に小さな子どもがいる家庭では、近隣に良質な保育園や学校があるかどうかが大きな決め手となります。

また、子どもの安全を考えると、交通量が少なく、公園や遊び場が充実している住宅地が理想的です。さらに、定期的に子育て支援のイベントが開催されるコミュニティがあると、親同士の交流も生まれやすく、情報共有の場としても機能します。

これらの環境が整っている地域では、子どもが健やかに成長するための条件が揃っており、夫婦でのシェアハウス生活がより充実したものになるでしょう。

アクセスのいいエリア

アクセスのいいエリアを選ぶことは、夫婦でシェアハウスに住む際に非常に重要です。通勤や通学、日常の買い物やレジャーに便利な場所を選ぶことで、日々のストレスを軽減し、時間を有効に使うことができます。特に、駅近のシェアハウスは人気が高く、移動時間を短縮できるため、忙しい夫婦にとっては大きなメリットとなります。

また、交通の便が良いエリアは、友人や家族が訪れやすいため、社会的なつながりも保ちやすくなります。これにより、夫婦だけでなく、家族や友人との関係も豊かになるでしょう。

ファミリー向けの施設や設備の充実度

ファミリー向けの施設や設備の充実度も、夫婦でシェアハウスを選ぶ際に重要なポイントです。特に子育て中の夫婦にとって、近隣に保育園や学校、公園があるかどうかは大きな決め手となります。

また、シェアハウス内に子どもが遊べるスペースがあるか、安全な環境が整っているかも確認が必要です。さらに、医療施設やショッピングセンターが近くにあると、日常生活がより便利になります。これらの施設が整っているエリアを選ぶことで、家族全員が快適に生活できるようになり、夫婦のストレスも軽減されるでしょう。

夫婦でシェアハウス住む時のポイント

「医療機器が置かれた見晴らしのいい病室」の写真

夫婦でシェアハウスに住む際には、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。まず、シェアハウス内での交流会に積極的に参加することをお勧めします。これにより、他の住人とのコミュニケーションが活発になり、共同生活を円滑に進めることができます。

また、休日には外出してリフレッシュすることも重要です。シェアハウスではプライベートな空間が限られているため、外で新たな刺激を受けることで、ストレスの解消につながります。これらのポイントを実践することで、夫婦でのシェアハウス生活をより豊かで快適なものにすることが可能です。

シェアハウス内の交流会に参加する

シェアハウス内の交流会に参加することは、共同生活をより豊かにするための重要なステップです。交流会では、普段は話す機会が少ない他の住人とのコミュニケーションが図れ、互いの理解を深めることができます。

また、様々なバックグラウンドを持つ人々との交流は、新たな視点を得ることにもつながります。これにより、日常生活に新鮮な刺激を与え、生活の質を向上させることが可能です。さらに、困ったときに助け合える関係を築くことができるため、安心してシェアハウスでの生活を楽しむことができます。

休日は外出してリフレッシュする

休日は外出してリフレッシュすることも、シェアハウスでの生活を充実させるためには大切です。共同生活の中で日々のルーティンに疲れを感じた時、外の空気を感じることで心身ともにリフレッシュすることができます。

また、シェアハウス外での活動は、住人同士の関係をリセットする効果もあり、より健全な共同生活を維持するために役立ちます。公園での散歩やカフェでの読書など、自分だけの時間を楽しむことで、日常生活に新たな活力をもたらすことができるのです。

まとめ

「病室のベッドと観葉植物」の写真

夫婦でシェアハウスに住むことは、多くのメリットといくつかのデメリットが伴います。経済的な負担が減り、子育て支援や周囲のサポートを受けやすい環境が整っている一方で、プライベートな空間の制限や共同生活者とのトラブルが生じることもあります。選ぶ際には、同居者の雰囲気やプライベート空間の有無を重視し、子育て環境やアクセスの良さも考慮することが重要です。

また、シェアハウスでの生活を充実させるためには、住人との交流を深めつつ、休日には外出してリフレッシュすることも大切です。夫婦でシェアハウスに住む選択は、これらの点を踏まえた上で、自分たちのライフスタイルに合った形を見つけ出すことが求められます。

関連記事

シェアハウスの審査は厳しい?審査基準や落ちる人の特徴を詳しく解説

シェアハウスについて考えている方の中には、「シェアハウスの入居審査ってなに?」「審査で落とされないかな」という悩みを持つ方も多いのではないでしょうか...

シェアハウスの住民票事情を徹底解説!移さなくてもいいケースや手順を紹介

シェアハウスの引越し事情で気になることのひとつに「住民票ってどうすればいいの?」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか? 世帯主は誰になるのか、住...

シェアハウスのルールは入居前に確認するべき!よくあるルールをご紹介!

シェアハウスでは住人たちが快適に暮らせるようにさまざまなルールが定められています。あまり厳しいルールは嫌だなと感じる方もいるのではないでしょうか。 ...

シェアハウスでの生活を快適にしてくれる便利グッズをご紹介!

初めての引っ越し、初めてのシェアハウス。「何を持っていこう?」と頭を悩ませる人も多いかもしれません。 また、シェアハウスに住んでいると「こういうのあ...

歴史と現代が融合されたおしゃれな古民家シェアハウス −仲な家−

近年深刻化している空き家を活用した、古民家再生が注目されています。古民家と聞くと、古くて汚いイメージを持つ方も多いかもしれませんが、リノベーションを...

ui

おすすめ記事